キャラクター「オーバードロイド」が生まれるまで

人類がグリッドコンピューティングにもっと親しんでもらうためにアイスソードが生み出したキャラクター「オーバードロイド」
このページでその誕生の軌跡を少し見てみましょう!

ごく初期のオーバードロイドたち

初期のデザインはとてもポップ&クールな感じでした。みんな手足がヒョロっとして長くスタイリッシュですね。デザインは違っても

  • 6人の女の子
  • それぞれ違ったいろいろなタイプ

この2点は変わっていません。

「もう少し親しみやすい、かわいらしい見た目のほうが良いかもしれぬ」

そんな意見が出て、少しずつ現在の姿に近づいていきました。完成したキャラクターと見比べると、すでに原型は出来ていたことがなんとなく分かると思います。

今とは髪の色も少し違う6人

頭身が高くスマートなイメージだった

体型にメリハリが付き、より現在の形に近くなった

性格・タイプ分けも若干見直し、さらに親しみやすいデザインに

かわいらしく、「人間」らしく

「オーバードロイド」はアンドロイド(ロボット)ですが、みなさんに親近感を感じてもらうために性別を「女の子」にしました。せっかく女の子なんだし、より一層「人間味」を増してかわいらしく、魅力的に感じてもらおう!と、デザインを変更することになりました。

それに伴って6人の性格分け、役割分担ももっとハッキリさせよう!体型ももっとバリエーションがあったほうが良い!アイスソードのエンタメ部門スタッフは幾度もの企画会議を重ね、キャラクターはより魅力的に変化ていきました。

ここからはキャラクターひとりひとりを見ていきましょう!

ロクブンギ・カグラ

オーバードロイドのリーダー、カグラ!彼女は初期から性格がほとんど変わっていません。当初から「熱血」「真っ直ぐ」「元気」そんな主人公要素満載で設定されていました。デザインを見ると今よりもっとカッコイイイメージ。男の子のような部分が多いキャラクターでした。

大まかな性格的部分はそのままに、熱すぎて突っ走ってしまうちょっぴりオマヌケな要素をプラス。お調子者成分もスパイスとして付加されました。そして見た目もよりかわいらしく。凛々しくもカワイイお顔に仕上がりました。また、身長・体格は日本人女性の平均的な体型を目指して設定しました。

戦闘用スーツのデザインの基礎は既に完成していた

変わらぬ熱血要素

今より顔がコワイ!

プラモ好き設定は初期からあった

男の子みたい

ほぼ決定 とてもかわいい!

初期の6人の中でも特にひょろひょろ

色黒設定も控えめながら残った

ほぼ決定 子供らしい愛くるしさ!

ウラシマ・ライコ

ちびっ子ライコ!彼女も当初からの変化が少ないキャラクター。元気で最も幼い年齢というコンセプトです。

キャラクターのメリハリをつける為にさらにグッと年齢を幼く変更。それに伴って自然と子供らしいかわいさが前面に出てきました。またボーイッシュさが少し抜けて、少女らしさがプラスされました。身長・体格は小学校中学年くらいの女の子を目指して設定されました。

サザナミ・ウルコ

いろいろでっかいおねえさん、ウルコ!彼女は初期からかなり変化したキャラクターです。当初は自分に自信が無い、地味メガネおねえさんでした。体型もごく普通。

母性を感じさせるキャラが一人欲しいということで年齢を最も高く設定し、性格も落ち着いたおねえさんorおかあさんという感じに変化しました。それに伴い非常に豊満なボディになっていただきました。デザイナーに言わせると「モビルアーマーのように一目見て『デカい!』と思ってもらえるようにしました」とのことです。その為、身長・体格はかな~り大柄に設定しました。

初期のウルコ ほっそりしている

いつの間にかどんどん成長…

ほぼ決定 あふれ出るバブみ!

ロングヘアーは初期から

また当初からどこか気高い印象も

ほぼ決定 性格は紆余曲折あったが、見た目は変化が少なかった

アカツキ・スバル

宇宙最後のレディー、スバルお嬢様!彼女は誕生に難航したキャラクターでした。性格・役割設定がなかなかハッキリと決まりませんでした。

そしてカグラと対立する要素として行こう!と決定。その後はカグラとの対比でどんどんと設定が決まりました。ガサツ気味なカグラに対しお嬢様キャラにロマンチストに対するリアリスト、といった具合です。それだけでは味気無いキャラになってしまうので「地球文化マニア」という意外な一面を付加しました。身長・体格はグラマラスでスタイルが良い女性として設定されました。ちなみにクラウドファンディングでは彼女が一番人気でした。生み出すのに苦労した甲斐がありました。

オオスミ・アルマ

お昼寝大好き、アルマ!彼女も初期から変化が大きくなったキャラクターです。当初は「ぶりっ子」でした。今とは大違い・・・。

怠惰なキャラクターが欲しいということで「寝るのが好き」なアルマが担当することに。どうせなら思いっきりだらしなくしてしまおう!ということでぶりっ子とはかけ離れた性格になりました。全世界の働きたくない人たちのアイドルになって欲しいと思っています(笑)身長・体格もメリハリの無い感じに設定しました。

「ナントカの姫」みたい

寝るのが好きなのは変わらず

ほぼ決定 やっぱりツインテールは外せない

今より少しスポーティー

丈が短い上着は当初から

ほぼ決定 ボブカットは正義!

ノゾミ・シホ

無口な少女、シホ!彼女も初期から変化が少ないキャラクターです。無口で優秀な女の子として設定されました。

キャラを際立たせる為にほぼ喋らない子にしてしまいました。喋らない分、体の演技が重要になり、どこかトボけた部分があるということにしました。マンガのコマの中で密かに動き続けるシホにご注目ください。またミステリアスな印象が欲しかった為、戦闘用スーツのデザインには猫の要素を付加しました。身長・体格はライコの次に幼い年齢に設定しました。

ざっとご紹介したオーバードロイド誕生の軌跡!いかがでしたか?

6人の女の子はこれから途方も無い宇宙の冒険を続けていきます。

どうかみなさん、彼女たちを応援してあげてください!

おまけ

「ハカセ」が生まれるまで

ハカセ

6人の保護者、ハカセ!オーバードロイドの6人が決定した後「やっぱりSFマンガと言えば博士キャラだ!」ということで博士が誕生しました。

オーバードロイドの保護者でありつつ、世界観を解説してくれるキャラクターとして設定しました。
初期はちょっときたない(失礼)おじさんでしたが「ちょっと頼りないけど理想のお父さん」になってもらうために紳士に変化していきました。また当初から6人との大きな違いを出すために「顔が犬」で「実体が無いホログラム」というのは変わっていません。

初期のハカセ だらしない

ホログラムのくせにタバコを吸う

ほぼ決定 禁煙してもらいました