About SETI@home

SETI@home(セティアットホーム)は、インターネットにつながったコンピューターを利用して、
地球外知的生命体(地球外生物・地球外知性)の探査を行う、分散コンピューティングのプロジェクト。

「地球外知的生命体の探査」はアレシボ天文台で受信された電波を解析し、
地球外起源の電波を探索するプロジェクトです。

生命体探査プロジェクト「SETI@home」は稼働開始以来、
世界中の人々の支援により第一線級の計算能力を発揮しています。

「事実上世界最速のスパコン」「人類史上最速のスパコン」と
呼ばれた事もあるほどの支援を受ける、大人気プロジェクトです。

そして2017年2月にはNASAから、39光年先の宇宙で地球によく似た太陽系外惑星7つを発見したと、
正式な発表がされました。もしかすると宇宙人は意外と身近にいるのかもしれません。