About World Community Grid

World Community Grid(ワールド・コミュニティー・グリッド。以下WCGrid) は
米コンピュータ企業IBMが立ち上げた「人類への貢献」実施に特化した、
非営利、かつパブリックドメイン(知的財産権が存在しない状態)の研究結果を提供する、
世界最大の分散コンピューティングプロジェクト。

小児がん治療に繋がる研究や、HIVの新薬の特定、エボラ、結核、ジカ熱の研究をするプロジェクトなど、
様々な医療研究プロジェクトを行っています。

WCGridの仕組みは他の分散コンピューティング同様、
接続されたコンピュータ端末を構成要素とした巨大な仮想スーパーコンピュータを構築、
それを使って様々な医療研究をすること。

複雑な研究・実験を無数の個別処理に分散し、
デスクトップPC・ノートPC・Androidモバイル端末(タブレット、スマートフォン)などの端末に送信して、
各端末がアイドル状態の間に演算処理を実行します。

演算結果は収集され、電子的な「後処理」を経て、研究者に送信されます。

研究者たちが待ち望んでいた貴重な研究情報がキレイにパッケージングされ、届けられる。

WCGridへの参加は研究者たちにとって正に「贈り物」と言えるかもしれません。

世界中80ヵ国の70数万人以上の個人と、
440に上る機関による300万台を超えるコンピュータやモバイル端末の演算処理能力を提供することによって、
研究者たちは途方も無いほど莫大なコストに匹敵する演算時間を活用し、
本来ならば数ヶ月、数年以上必要な調査研究を、わずか数週間から数カ月で手に入れることができます。

WCGridこそ、現時点で「人類を一歩先に進める為の究極の分散コンピューティング」であると、
アイスソードは考えています。